S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

beagle calendar






虹の橋






How old is Liberty?




AGNES DREAM
Liberty was born here.

TAG index



How long has Liberty been with me?
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | | -|
悲しいお知らせ
ここで、ルナのことを書くのは最後になるのだろうか

ルナは、
12月31日で、満1歳を迎える予定だったのに
うちに来てたった9か月足らずで
虹の橋までかけていってしまいました
お散歩中にハーフチョークの鎖が切れてしまって
道路に飛び出したルナ・・・

ごめんね、あんな道、通らなければよかった
鎖のこと、もっとよく調べていたらよかった
絶対に飛び出さないように
もっとしっかりしつけをしてやればよかった
・・・悔やむことがいっぱいです

ルナはこの世でのお役目をもう終えたのかな
前のわんこをあまりかわいがらなかった私に
わんこをかわいがることを教えてくれたのでしょうか
それがルナの役目だったのでしょうか
あるいは家族の災いの、身代わりになってくれたのでしょうか

「今度は、愛情たくさんで育てよう」と
ルナが来た時、思いました。
私の愛情、本当にルナに伝わってたのだろうか
もっと抱っこしてやればよかった
もっと遊んでやればよかった
もっと、もっと・・・

ねぇ、ルナ
ママなりに頑張ったんだけど
わかってくれてた?
ママのところに来て、楽しかった?

絶対に橋のたもとで待っててね
ママが行くまで、おねえさんわんこのプチと遊んでてね
ママが行ったら絶対にいつものように
一生懸命に走ってきてね

ママの足りなかったところ、みんな許してね
来てくれてありがとう
いろんなこと気付かせてくれてありがとう


わんこ友達の飼い主さんたちとのご縁
この場所で、動くルナを見てくださった人たちとのご縁
ルナがつないでくれたんだよ
ありがとうね
ルナがいなかったら、
ママはいろんなことに気付かずにいたことでしょう
ルナが来てくれたから
ルナがいてくれたから
ママは、大変だったけど楽しかったよ

ごめんね、ルナの命を守ってやれなかったこと・・・
一緒にいたのに
何もできなかったママを許してください

今日は、Mちゃんと
ルナを預かってくれたKさんのおばちゃん
時々ご用でうちに来る、Uさんのおばちゃんがきてくれたね
それから、お散歩でよく会ってたビーちゃんのママさんが
お花を持ってきて、お別れを言ってくれたね

まったくけがをしてないルナを見て
みんな「きれいだね、眠ってるみたい」って言ってくれたよ

ママも明日は、ちゃんとお別れをします
もう泣かないで
ルナに笑われないように
ちゃんと頑張るからね

ルナ
ルナのいないお庭は、やっぱりさびしいよ
ママがお庭に出ると
いつも追っかけてきてたよね
いつもいつもママのほうを見てたよね
これからも見ててね
ルナのこと忘れないからね


ルナ母 こと tribeca





| ルナ生活 | 15:41 | comments(5)|
ルナ、走る
手術後、少しぷりぷりしてきたルナ嬢なので
股関節のこともあるけど
やっぱり運動させないといけない、と言われているので
最近の散歩のメニューは
歩きと走り

走るのは広いグラウンドで
リードを伸ばして走らせます
でもルナは走ることより、ひもをくわえることに夢中
どうにかして、ひもをくわえようと
躍起になってジャンプしています

地面とルナしか写ってないので
気分が悪くなりませんように〜
2本目は、最近余裕でできるようになった
オテとオカワリ

では、どうぞ〜












| ルナ生活 | 23:36 | comments(4)|
Mちゃん、大好き!!
Mちゃんとは、私の妹である
妹は、昔から犬が好きで
実家で子犬を買うと、夜必ず自分の部屋に持って上がって
子犬と遊んでいたらしい
なのでどういうわけか
犬のほうも、そのことを察知して
妹が大好きなのだ
ルナなどは、私や夫よりも
妹のほうをよほど歓迎する

妹のところには、子犬の時に一度預けたことがある
また、先日から私が留守をしていた時に
日中、遊びや散歩のために来てくれていた

今日はその歓迎ぶりをどうぞ
私のバカ笑いが入っていますが、ごめんなさい


| ルナ生活 | 22:57 | comments(6)|
親ばか
今日はどうしようもなく親ばかな私とルナの動画です。
ワンパターンのオテしかできないルナに
いま、オカワリを訓練中。
この子は、とにかくおやつがあるとできるけど
おやつがないと、とたんにしなくなる・・・

今回は、おいしい(であろう)おやつを食べさせながらのことなので
最後はうまくいったようだけど
これがなにもないと
できないのかもしれない・・・
だけど、あきらめずに頑張りましょう。




| ルナ生活 | 23:24 | comments(4)|
回復
yukkoさん
かねちんさん
ナシカ母さん
空カカさん

今日はここでお返事させてくださいね。
みなさん親身になってコメントをくださって
本当にありがとう。
私、とっても慰められました。
みなさんからいただいた力が
きっと私からルナにも伝わることでしょう。
ルナは、みなさんの力に助けてもらって
これからも我が家で生きていきます。
ありがとう。
そしてこれからも見守ってください。


さて、それぞれの家庭で考え方も違うのだから
ペットの扱いも十人十色だと思います。
我が家ではこういう選択をしたまでのことです。
きっと、ルナもわかってくれるでしょう。
そのぶん、ルナを大事に育てようと
あらためて決心した次第です。


あれだけ痛そうにしていたルナだけど
翌日からは次第に元気になって
もう、今まで通りのおてんばルナに戻りました。
本当は
これからが長いわんことの生活なんだよね。

厳しくしなければいけない時は厳しく
でも愛情はたっぷり・・・
そんなふうに育てたいと思っています。
決してルナに振り回されることなく
私たちは私たちで快適に生活しながら
ルナとの楽しい時間も持っていたい・・・そう思っています。

さて、少し困ったことも分かりました。
お散歩のときに片方の後ろ脚を時々スキップするので
手術の時にレントゲンを撮ってもらっていたんだけど
股関節のハマりが悪いことが判明。
でも先生の言うには、
それほどひどくないのでしばらくは薬を飲みながら様子見、ということに・・・。
痛がらずにどんどん歩くようなら心配はいりません、とのことだったので
私もあまり心配せずに
先生の治療に、今はしたがおうと思っています。

ルナは、オスワリの時に
おね〜さん座り、をします。
これが、この股関節の異常の表れだったかも・・・
わんこに詳しい友人が、そんなふうに言ってくれました。

どっちにしても
ひどくならないことを祈りつつ
先生の言われたように
これから太りやすくなるから
これ以上絶対に太らせないこと、が基本です。









| ルナ生活 | 00:53 | comments(4)|
手術に思う
ペットの去勢避妊手術は、
昨今の、公的機関による大量の動物薬殺を少しでも食い止めるために
必要なことであることは私も承知している。
望まない妊娠や望まれない子犬たちの行く末ほど哀れなものはなく
それは人間もペットも同じであると思われる。
もちろん、そのほかにも
生殖器系の疾病を防ぐこともできるので
ペットの死因を、少なくとも一つは減らしてやることができるわけだ。

まぁ、でもこれは人間の側の論理であり
動物からすれば全く別なんだろうなぁ、と
昨夜の我が家のルナを見ていてそう思った。

昨日は、朝9時に病院へ連れて行き
午後6時に迎えに行った。
お迎えのときはまだ朦朧とした感じで、ちょっとふらついていたが
自分で歩くこともできた。
先生から「もし吐いたら、お水もフードもやってはだめですよ」と言われた。
「吐くんですか?」ときくと
「麻酔をかけたときに吐いたので、この後も胃液を吐くかもしれません」と言われた。
痛み止めをもらって帰った。

帰宅してテラスにつないでやると
所在無げに、うろうろし始めて
そのうち、何度か吐いたので
水も食べ物も与えられないことになった。
ではどうしてこの痛み止めを飲ませるんだろう…と思って
先生に電話すると、
「今晩は少し痛がるけど、吐いたのなら仕方ないので
あとはそっとしてあげてください」と言われた。
見ると、痛みからか震えたり、悲しい顔をしてこっちを見上げたり
聞いたこともないような、か細い声で
弱々しく「く〜〜ん、く〜〜ん」と鳴きながらこっちを見る。
そのあとももう一度吐いて、こんどは動かなくなった。
自分のマットの上でじ〜〜っとしている。
きっと痛みで動けないか、吐き気で気分が悪いかなのだろうと思ったが
あまりにもかわいそうに思えて
リビングに入れてやって、一緒に寝た。
そのあとも、私を見ながら「く〜〜ん」と何度も鳴いた。
私は抱きしめて一緒に寝てやることしかできなかった。

ルナを見て思った。
この子は、何も知らずに
朝、病院に連れていかれて
突然、麻酔、手術されて
自分にいったい何が起きたんだろうと思っているだろうなぁ・・・と。
なんで、こんなに痛い目に合うのかなぁって思ってるだろうなぁ・・・と。

病院に着くまではあんなに元気いっぱいだったルナが
動けないほどの痛みと戦っている・・・
「痛いよ、ママ」とも言えずに
か細く泣くだけで、悲しそうな目をして私を見ている。
「ごめんね、ルナ。
痛いね、痛いね、でも我慢してね。
だんだん良くなるからね。」
そう言って、背中をさすったり前足を握ったり
そんなことしかできなかった。

本当に手術しなればいけなかっただろうか・・・
こんなに痛い目に合わせなければいけなかっただろうか・・・
ルナの姉妹のひめちゃんは、ひめ母さんが
「何年か経ったら、妊娠させたい」と言ってらした。
そういう飼い方もあったのに、と頭の隅っこで思った。
だけど、ルナの子供が引き取り手がなかったら
子供たちを全部うちで飼うことにも無理がある。
ナシカ母さんは、「将来の病気を防ぐため」と言ってらした。
それは、ルナももちろん同じだ。
うちも、結局は繁殖を考えていなくて
将来の病気予防のためなのだが・・・

私の腕の中に何度も潜り込むルナを抱きしめながら
そんなこんなを、夜じゅうあれこれ考えた。
朝になれば少しは痛みも和らぐはず・・・そう信じて。

朝になって、昨夜は水の一滴も飲もうとしなかったルナが
ごくごくと水を飲んだ。
なにかに混ぜて、痛み止めを飲ませようとするが
バナナ…失敗
わんこ用パン…失敗
お水に溶かす…失敗
鶏のささみ…失敗

昨日まる1日何も食べてないので
とにかく何か好きなものを食べさせようと
人間用のパンを少しやると、ぱくっと食べた。
これなら、と思って
このパンに薬を隠してやろうとするが
においをかいで失敗・・・
まぁとにかくもう少しこのパンを食べさせようと思って
薬なしのパンを、さっきの薬入りと同じお皿に入れて
そのままにしておいたら
ふと見ると、お皿がからっぽ!
あ〜〜、やった!
薬飲んだ!!
これで痛みがおさまってくれるだろうと思っていると
だんだん調子も良くなって
お昼前後からは、とても元気になった。

ルナ、ごめんね。
子供を産めないようにしちゃったけど
その分、ルナを大事にするからね。

私は心の中でそんなふうにルナに話しかけた。


手術の是非は私にはよくわからない。
だけど、我が家の選択はこれしかないのだ。
今日は午後からすっかり元気になったルナ
夕ご飯も、ちゃんと食べた。
明日の朝はまたお薬を飲ませる。
そうこうしながら、日にちがたって行く。
そうこうしながら、犬も人間も年だけは平等にとる。

昨夜のルナを忘れない。
悲しそうな目を、
涙ぐんでいたように見えたあの目を
私は忘れない。
我が家の選択はこれしかなかったことを
ルナを最後まで責任もって育てることで証明する。

ルナ、ずっと元気でいて。
一緒に楽しくやろうね。

写真は、今日の午後の爆睡中のルナ嬢デス









| ルナ生活 | 23:33 | comments(4)|
冬に向けて
最近朝夕が冷えるようになってきた
お外のルナも寒かろうと思い
本当に寒くなった時の対策をいろいろ考えた末
「 HOUSE IN HOUSE 方式 」をとることに決めた 

あ、これは私が勝手につけた名前ですけど
要するに、ルナの体にはちょっと広めの、今のハウスの中に
ふわふわして熱を外に逃がさないようなドーム状のものを
入れてしまおうと思ったのだ
あれこれネットで調べて検討した結果
これになった



こっちが完成した状態!




しかし、まだガジガジが治らないルナ嬢
最初はおっかなびっくりで
中にも入らなかったのに
すぐに慣れて、中に入ったと思いきや
中の敷きマットをガジガジ・・・
ガジガジだけでなく、布地を引っ張り始めたので
もはやこれまで!!
即撤収、となった
本格的な冬が来るまで
ガジガジしないように、これも訓練だわ〜


さて、昨日動物病院に行って
避妊手術の相談をした
ルナはまだ最初のヒートは来てない模様
満7ヶ月を過ぎているので
もういつでも手術はできます、とのこと
なので、急だけど
来週火曜日に手術をしてもらうことにした
・・・あさってです〜
 
一番最初のわんこが
放し飼いのオスに、夜入ってこられて妊娠した
その子犬たちが、妹のうちに2匹引き取られ、うちに1匹残った
人間もそうだけど
やはり、望まない妊娠は避けたい
ルナの子供を見てみたい気もするけど
多頭飼いはできそうもないので
ルナの子供は、とりあえず私もあきらめた
なので、明後日手術です

今日は動画はありませんが
近所のグラウンドで一生懸命に走ってくるルナを貼っておきます




| ルナ生活 | 09:47 | comments(4)|
どっち、どっち?
最近、こんなゲームをやっている

左右どちらかの手の中に、ジャーキーを入れて
においがかげるようにゆるく握って
どっちにジャーキーが入っているか
当てさせるのだ

警察犬にするわけじゃないので
正確さより、遊びの一種だ

で、ルナに選ばせて
前足を、入っていると思ったほうの手の上に乗せさせる
当たればジャーキーがもらえます〜〜♪

では、その様子を動画でど〜ぞ〜



| ルナ生活 | 00:04 | comments(4)|
一進一退
23日(火・祝)は、グループレッスンの日だった
これまでの総復習ね
どれもなかなか思うようにいかないが
ほかのわんこ達と仲良くご挨拶ができたことが
私はうれしかった
 
こちらは、ルナが一番気に入った、茶ラブのもこちゃん(♀)
 




こちらは、トイプーのジャック君(♂)





どちらにも、ルナは服従モード
一番年下なんだから、それでいいわ〜

動画は、呼び戻しの様子
オスワリができないといけないんだけど
なかなかできません・・・



 

| ルナ生活 | 00:18 | comments(2)|
ご近所さんたち
毎日、朝夕お散歩に行くので
いろんな飼い主さんと、いろんなわんこ達とであい
ご挨拶させてもらって
顔見知りになる

なかでも、ビーグルを見つけた時の気持ちは何とも言えない
この飼い主さんも
このビーちゃんがパピーのころは大変だっただろうな、と思うからだ
ご近所のビーちゃんは
結構年配のビーちゃんが多いけど
中でもこのビーちゃんず(2匹なのです)は
少し若い
4歳くらいだったかな
塀の向こうからのぞいてるんだけど
スペースが1匹分しかないので
1匹を押しのけ押しのけ、こっちを見てる

ルナも気がついて
キャン、とか、ワンとか、鳴いてる
写真は、ルナと、そのビーちゃんズのうちの1匹ね





拡大しました








今日の動画は、先日買ってきた骨型のガムを食べてるところです



 

| ルナ生活 | 22:14 | comments(2)|
| 1/2PAGES | >>